株式会社ムーンファクトリー株式会社ムーンファクトリー
facebook
お知らせ & ブログ
2019.03.28 サービス

納得がいくホームページを作りたい方にこっそり教えます

制作会社の選び方

突然ですが、今回のテーマは「ホームページ制作会社」の選び方です。 お客さまがより納得いく会社選びができるよう、この記事から私たちを含めて新しい出会いに繋がることを祈りつつ本題に進めてまいります。

それぞれ得意分野が異なる制作会社のタイプ

実はホームページ制作会社と一括りになっていますが、会社によりそれぞれ得意な分野のタイプがはっきり別れます。これは、元々その会社の持っているノウハウや規模、スタッフのスキルにもよりますが、本業がホームページ制作ではない会社も数多く参入していることにも一因があるようです。

システム開発タイプ

大きなECショップや決済が絡むような会員サイト、基幹システムとの連携が必要なホームページが専門です。オリジナルのシステム開発に対しても、細かい仕様の提案から行ってくれます。見た目のデザインを重視する場合には、事前に対応可能か確認した方が良いかもしれません。

印刷・広告代理店タイプ

パンフレットやチラシといった印刷がメインの会社が社内のホームページ制作部署で行っていることが多いようです。SEOやシステム開発、全体のサイト設計はあまり得意ではありませんが、テンプレートを使ったものや広告とのセットで値段の交渉がしやすいものもあります。

映像・デザインタイプ

これまでCM映像制作やポスターなどの広告を手がけてきた制作会社です。スタイリッシュな新しいデザインやアニメーション、インタラクティブな動きのあるホームページを得意としています。ユーザビリティやSEOよりもデザイン重視になる傾向があるので、必要に応じて要望を出すといいでしょう。

ウェブ制作専門タイプ

元々ウェブ制作を専門で行っているので、ホームページの制作からインターネット全般の提案をまとめて行えます。専門分野に特化している会社もありますが、基本的に構成からデザイン、コーディングまで行います。コンサルティング機能を持っている会社もあるので色々な提案が可能です。

この他にもコンテンツ作りが得意、フットワークの良さ、スキルの高い人材の数など様々な特徴があります。

どんなタイプの制作会社を選ぶかは、ホームページを作りたいと考えている(発注する)際に「何が最も重要なのか」によって変わってきます。抱えている課題がはっきりしていれば、その分野を得意とする制作会社を選ぶことをおすすめします。

自社の課題を見極め、納得いくものに育てあげる

制作会社の選定でもう一つ大事な視点が運用のサポートです。ホームページは完成した後きちんと管理・運用していくことがとても大事になります。意外と見落としがちですので、社内の体制を「運用」の目線で棚卸してみてはいかがでしょうか。

① 高い知識を持ったスタッフが更新を含む管理することができる
② ある程度知識は持っているけれど、サポートは必要
③ 更新などの情報をまとめることはできるけれど自分たちでは管理ができない

棚卸卸の結果、②や③に当てはまるのであればそれなりのサポートが必要になります。場合によっては、常に定期的に打ち合わせを行い、サイトを育てていく提案を受けることが必要な場合もあります。そうした際に、制作会社によっては、納品後のサポート体制が整っていない場合もあるので注意が必要です。

自分たちの課題と育て方が制作会社の事業スタンスと合っていないと、どんなに高いコストをかけても思い通りのホームページには仕上がりません。納得がいくホームページを作るには、自分たちが重要だと考えていることを形にしてくれるかどうかで判断することをお勧めします。

運用方針についても事前に社内で検討して、発注先を決定してください。

私たちの姿勢

最後に私たちの特徴をご紹介します。

ムーンファクトリーはウェブ制作専門タイプの会社ですが、お客さまの様々な課題に対して、システム連携からウェブサイトの制作・構築に至るまで全ての工程を内製化し、枠にとらわれず取り組んでいます。
小さな課題から大きな課題まで、お客さまが抱える課題を自分たちの課題として、スタッフ全員で解決していくのが私たちのスタイルです。
納得がいくホームページを作りたい方に満足いただける会社でありたいと思っております。

弊社では2011年6月にJIPDECのプライバシーマーク認証を取得、
個人情報保護に取り組んでいます。

〒104-0033 東京都中央区新川2-9-2 マルキョウ新川ビル2F
TEL. 03-3523-1700 FAX. 03-3523-1701

Copyright moonfactory,Inc. All Rights Reserved.