コーディング・プログラミング

SEO、マルチデバイス対応など
コーディング技術でさまざまなご要望にお応えします

SEOを意識したコーディング

SEOへの対応はコーディングの際に外せない課題になります。altの記入や見出しタグなどのマークアップやGoogle Core Web Vital への対策など、頻繁に変更されるサーチエンジンのアルゴリズムにタイムリーに対応しています。CSSをサイトトップと下階層で分ける、jsの読み込み位置をHTMLの下側に記述する、などの工夫で少しでも早くWebページが表示されるようにコーディングしています。
デザイン仕様にはなかった要素も、コーディングの途中やリリース前にSEOのために追加するなど、公開まで入念にチェックしています。
→SEO対策

コーディングでさまざまな端末やブラウザに対応

【レスポンシブデザイン】
スマートフォンとパソコンでHTMLファイルを分けて作成することもありますが、ご要望がない限りは一つのファイルで作成しています。これによって、「コンテンツの修正をするときに、パソコンのページは修正したがスマートフォンページの修正を忘れていた」という作業ミスを防げます。また、修正箇所が1カ所で済みますので、更新・確認の負担も軽減されます。
→マルチデバイス対応

コーディングでさまざまな端末やブラウザに対応

【レスポンシブデザイン】
スマートフォンとパソコンでHTMLファイルを分けて作成することもありますが、ご要望がない限りは一つのファイルで作成しています。これによって、「コンテンツの修正をするときに、パソコンのページは修正したがスマートフォンページの修正を忘れていた」という作業ミスを防げます。また、修正箇所が1カ所で済みますので、更新・確認の負担も軽減されます。
→マルチデバイス対応

【各種ブラウザへの対応】
対応するブラウザによっては個別の記述を追記する必要があり、HTMLソースやCSSが複雑になります。制作したサイトはお客さま自身が更新される予定なのかなどを考慮しながら、ご要望に沿ったブラウザ対応を考えていきます。

ECサイトのコーディング

ECサイトの作成と、デザイン調整も承っています。商品の雰囲気に合うようにフォントを明朝体にしたい」「ロゴの色をサイトの文字色にも使いたい」などの直感的に変更可能な箇所はもちろん、ECサービスによっては「商品名やページタイトルに装飾をつけたい」「画像をスライダー表示にしたい」などのご要望にも対応しています。
→ECサービス導入支援

安定的でスピーディーなサポートを可能にする社内統一コーディング基準

当社のHTMLは、お客さまからのご質問に対して誰が窓口になってもお答えできるように、コーディングの基本社内ルールを定めています。共通化した構成要素を覚えることで、コーダー以外の社員でもHTMLの編集や説明がしやすくなるようになっています。
→CMS構築

お問い合わせはこちら