マルチデバイス対応

アクセスされたデバイスに応じて
画面デザインを最適化します

加速するマルチデバイス対応

インターネットに接続できる端末が多様化してきたため、それぞれの端末に最適化されたWebサイトの重要性が高まっています。また、Googleがモバイルファーストの考え方を打ち出してからは、Webサイトをパソコン、タブレット、スマートフォンのそれぞれに適した表示させるマルチデバイスへの対応が一気にポピュラーになりました。当社では、モバイル端末にもPCにも対応できる、レスポンシブデザインを標準採用しています。

レスポンシブデザインの採用

通常は、パソコンとスマートフォンの2種のデザインに対応することが多く、タブレットでの表示は自動で横幅に合わせます。Webサイトの用途によっては、タブレットサイズのデザインを重視される場合もありますので、その場合は3種のデザインに対応させています。

社内一貫制作体制だからできるマルチデバイス対応

HTML5やCSS3の進化により、柔軟にレイアウトを組むことができるようになっています。1つのソースでマルチデバイスに対応させることは、サイト運用者のメンテナンス性が高くなる分、デザイン段階での設計や構築技術に頼る部分が大きくなっています。当社はデザインから構築までの一貫した制作体制が整っていますので、スムーズにマルチデバイス対応を進めることができます。

マルチデバイス対応で確認すべき点

当社では、サイト制作中に複数のスタッフで社内にある実機を使い、以下の点を重視して入念に表示チェックをします。パソコンとスマートフォンでは、1画面で閲覧できる範囲がまったく違いますので、ユーザーが混乱してしまわないように調整します。

①視認性の高さ
・文字が小さすぎないか
・画像サイズが適切かどうか
・ひと目で見て何の要素かわかるかどうか

②タップのしやすさ
・パーツが小さすぎないか
・パーツの間隔が狭くて誤ってタップしてしまわないか
・よく使用するパーツが片手で操作できる範囲にあるか
・クリックできる領域が正確に確保されているか

③デバイスでの動き
・アニメーションがストレスなく動くか
・ページ読み込みやアニメーション時にタイムラグがないか
・お問い合わせ項目のエラーが機能しているか
・他、誤動作がないかどうか


新しいデバイスの登場やGoogleの動向によっては、マルチデバイス対応に新たな変化があるかもしれません。常に最新の情報をキャッチして、最適なサイト制作を行っていきます。

お問い合わせはこちら