サーバー設計

お客さまの用途や特性に合わせ
柔軟なサーバー環境をご提案します。

平時のサーバー調査にも対応

現在ご利用のサーバーの状況を把握されていないというお客さまが少なくありません。今は、かつては手の届かなかった高性能のサーバー環境を非常に安価に利用できるようになっています。当社では、Webサイトのリニューアルに伴うサーバー移行だけでなく、サーバーの現状把握や今後のプラン検討も行っています。サーバーの課題の発見と改善箇所をあきらかにし、お客さまに本当に必要な環境をご提案します。

サーバー選びのポイント

性能やコストパフォーマンス以上に大切なのが、目的や用途を明確にしておくことです。スペックが不足すればサーバーがダウンしたりトラブルの原因になるだけでなく、過剰なスペックはコストばかりかさんでしまいます。適切なコストで運用していくためも、Webサイトの規模、データの転送量や表示速度、アクセスが集中する可能性などを考慮してサーバーを選定します。

代表的なサーバーの種類

  • ホスティングサーバー
    1つサーバーを複数人で共有するのが「ホスティングサーバー」です。レンタルサーバーとも呼ばれ、月々のコストを抑えて運用したい方におすすめです。管理や運用もサーバー会社が行うため、運用の負担も軽減されます。バックアップや無料SSLなどの機能が最初から用意されているものもあり、スピーディーな利用が可能です。
  • VPS(Virtual Private Server)
    1台を複数人で共有する点はホスティングサーバーと同じですが、VPSはユーザーごとに性能やスペックが用意されています。そのため設定の自由度が高く、他のユーザーの利用状況に影響を受けることは基本的にありません。管理や運営には専門の技術が必要になりますが、ある程度コストを抑えつつ、独自のシステムを利用したい場合にお勧めです。
  • クラウドサーバー
    最大の特徴は拡張性の高さです。必要に応じて設定やスペックの細かなカスタマイズが可能です。ネットワーク上にサーバーが存在するため、自社でサーバーを用意するよりも大幅にコストを下げることができます。導入のコストを抑えながら大規模なWebサイトや、負荷を分散させて柔軟に運用したい場合にお勧めです。

安定したサーバー運用を実現するために

サービス開始後も安心してご利用いただけるように、監視機能の導入やバックアップによるデータの取得もご提案しています。インフラの専門知識が必要なサポートもムーンファクトリーにお任せいただけます。幅広い知識と運用に関する経験の豊富な専門スタッフが、柔軟に対応します。
⇒サーバー運用保守

お問い合わせはこちら