各種SNSとの連携

集客にかかせないSNSを
WebサイトやECサイトと連携し活用します。

SNSの活用

Facebook、Twittter、instagram、Youtubeなど、さまざまなSNSが企業の情報発信に活用されています。SNSは、世代によって、それぞれの活用シーンや利用率が大きく異なっています。SNSを企業サイトなどで活用する場合、その目的やWebサイトのターゲットに合ったSNSと運営が大切になります。

SNSとWebサイトの連携

SNSとWebサイトを連携する方法は。その目的によっていくつかのアプローチがあります。

  • Webコンテンツをシェアしてもらう
  • WebコンテンツをSNS上で評価してもらう(「いいね」などをもらう)
  • instagramやYoutube動画などのSNSで発信した情報をWebサイトに引き込む
  • instagram、Facebook などのSNS側で商品購入をしてもらう

YoutubeとWebサイトの連携

Webサイトのページに動画を単純に引き込むだけではなく、動画のサマリーを掲載した記事やブログにYoutubeを引き込むことで、サーチエンジンへのアピール度合いが高まります。
WebサイトとYoutubeの両方にユーザーを誘導することができますので、Youtube動画の視聴率を上げたい、検索でWebサイトも動画もヒットするようにしたい場合におすすめの方法です。

instagramとECサイトの連携

instagramはECサイトとの連携をおすすめします。
ECサイトとinstagram連携することによって、instagramにアップした商品画像をクリックするだけで、ECサイトでの購入に繋げることもできます。

FacebookとWebサイトの連携

Facebook は、30代後半から40代以上のビジネスピープルに多く使用されているSNSと言われています。
セミナー開催情報や新商品・サービスを発信するWebサイトのページにFacebookのシェアボタンを設置することで、Facebook上で拡散してもらえる可能性が高まります。

Twiiterとキャンペーンサイトとの連携

Twiiterは話題性や拡散力が一番高いSNSと言われていますので、キャンペーンサイトなどでの連携をおすすめします。
キャンペーンサイト(LP)に参加方法を記載し、専用のハッシュタグ、企画の画像やテキストなどをTwiiterに投稿します。指定のハッシュタグで投稿することで多くの人に拡散されやすくなり、話題作りやキャンペーンの宣伝に繋がります。

WebサイトとのSNSの運用について

情報を管理する場所が増えてしまうと、更新する運用担当者の負担が大きくなります。そういったことが理由でSNSの更新に手が回らないケースがあります。Webサイトを更新するときに、CMSの管理画面上から「SNSに投稿する」チェックを付けるだけで、FacebookやTwitterなどにも更新情報が反映できる仕組みを導入することで、運用担当者の負担を軽減することができます。

お問い合わせはこちら