システム・DB設計

過剰なスペックを排除し
必要なシステム・データベースを設計します

必要な機能を見極めるプロ集団

システム・DBの設計は、プログラミングをしてWebのシステムを作る前の段階の作業です。この作業なしでシステム開発を行うと、不要な機能やスペックで作ってしまったり、手戻りが多くなるといった問題が起こりやすくなります。スペシャリストが寧にヒアリングを重ねることで必要な機能を見極め、お客さまのビジネスのメリットになるご提案を行います。

2種類のシステムアプローチ

システムには大きく2つのアプローチがあります。ひとつは、日々の業務をIT化によって業務負荷を減らす業務系システム。もうひとつは、検索機能やお問い合わせ機能、会員登録機能などの顧客対応のシステムです。
当社はこの2種類のシステム設計、構築を日常的に行っていますので、お客さまのご要望に合わせたシステムのご提案が可能です。

システム設計を支えるヒアリング

業務系システム、顧客対応システムのどちらにおいても、お客さまが何を実現したいのか、どのように運用していくかをヒアリングのすることで必要な機能を洗い出し、ご要望を実現するプログラムやデータに落とし込んでいきます。
設計した内容については、お客さまにわかりやすいように、次のような形でご提案します。

  • 必要な機能のリスト
  • 運用のフロー図・運用ルール
  • 開発スケジュール・開発の進め方の案内
  • セキュリティ対策
  • 費用
  • 画面仕様・操作方法解説

無駄のない仕様のDB設計

DBはシステムを使ってWebサイト上に表示するためのデータを蓄積する場所です。システムの設計時には、DB設計を同時に行う必要があります。
システム設計でお伺いした要件を満たすためにはどのようなDBが必要かをムーンファクトリーで考えて、ご提案しています。
DBの設計時は次の4つをポイントとし、お客さまにとって無駄のない仕様になるよう、心がけています。

  • 管理しやすいこと
  • データが増えた際に、拡張しやすいこと
  • サイトへの表示がスムーズであること
  • 障害対応への配慮をしていること

ご提案前に社内で内容を精査

ムーンファクトリーには、Web用の検索機能や会員登録機能、マイページ機能などはもちろん、アプリ制作まで手掛ける経験豊富なチームがあります。システムやDBの設計内容については、お客さまにご提案する前にチーム内で共有し、「この内容で本当にお客さまのご要望を満たせるか」と確認するようにしています。
この工程をはさむことで、より完成度の高い、お客さまにメリットのあるご提案を行うことができます。

お問い合わせはこちら