ユーザー調査・ニーズ分析

Webサイトの課題を調査分析し、
サイトリニューアルを成功へと導きます。

フレームワークを使ったWebサイト分析

当社ではご提案の段階で、Webサイトの課題整理やターゲット分析のために、いくつかのフレームワークを使ったWeb分析やユーザー調査を行っています。なかでもお客さまからのご支持をいただいている分析手法のひとつが3C分析です。リニューアルを成功に導くために、市場/顧客、競合、自社の3つの視点からウェブサイトの現状を把握していきます。

3C分析から始めるWebサイト分析

3C分析では、ターゲットとする顧客は何を望み、商品選考や意思決定ポイントはどこにあるのか。マーケット全体と具体的な顧客イメージ(ペルソナ)の両面からアプローチを探ります。競合分析では、相対的な強みや弱みを明確にするため、他社のWebサイトやさまざまなデータをチェック。また、同業他社に限らず、ペルソナから想定される本当の競争相手は誰なのかに留意し、Webサイトの方向性を検討していきます。

商品やサービスを強化したいなら4P分析

お客さまからのご好評をいただいている分析手法に4P分析があります。サブスクリプションなどの収益化や話題性を狙ったアプリ開発には、商品、価格、流通、販促の観点から把握する分析が有効です。競合他社と比較して、自社サービスの差別化がしっかりと訴求できるか。当社ではサービスの特徴を分析によって具体化し、よりユーザーニーズにマッチした有効な戦略を導き、ご提案しています。

分析結果を基にした課題共有

ターゲットユーザー視点を重視した3C分析と4P分析を組み合わせることで、より精度の高いWebサイト分析が実現可能になりますが、お客さまが抱えている課題によってはその他のフレームワークで分析することもあります。Webサイト分析で重要なのが、何を目指してリニューアルするのかをお客さまを含めたリニューアルメンバーとの間で共有する事です。分析を通して得られた知見を共有することでチーム全体の意識合わせにもつながり、その結果より良いサイトリニューアルを目指します。

サイト戦略やアプローチに悩んだら、お気軽にご相談ください。

Webサイト分析はコンサルティングの範疇でとらえられることがあるため、敷居の高いものという印象があります。当社のウェブ分析は、リニューアルをする際のご提案時に必ず行う作業ですので、特段大幅なコストがかかるなどの心配はございません。サイトの課題がなかなか見えない、どういった方向を目指せばいいのかわからないといったところからで結構ですので、ぜひ当社へご相談ください。

お問い合わせはこちら