APPS DEVELOPMENT
INTRODUCTION

スマホアプリがあることで、
お客さまへのサービス訴求の可能性が広がります。

ネイティブアプリからハイブリッドアプリまで対応できるスタッフが揃えています。
UI設計からデザイン、開発、運用はもちろん、面倒なストア公開までをトータルでサポートします。

スマホアプリの目的CONTENTS 01

スマホアプリについて、お客さまからよくお伺いする目的は次の4つです。
  • プッシュ通知を使って情報を発信したい

    Webサイトやメールマガジンでキャンペーン情報などを配信しているが、以前ほど効果が感じられなくなった。アプリのプッシュ通知なら、お客さまの目にも入りやすく、集客力が上がるのではないか

  • これまでの会員証をアプリに切り替えたい

    会員証をアプリ化することで、ポイント管理や特典付与などの利便性を向上させ、リピーター比率を高めたい。登録されたメールアドレスやIDと購入・来店頻度を紐づけることで、他社にないサービスを提供したい。

  • 折り込みチラシに替わる宣伝媒体がほしい

    競合店舗が増えてきたので、地域のお客さまに特売情報やクーポン券を配信できるアプリを使った来店促進策を図りたい。また、店舗で扱っている食材を利用したメニュー提案機能を実現することで、店舗に置いてあるレシピカードの制作・印刷コストを下げたい。

  • カメラ機能やGPS機能と連携したサービスを提供したい

    商品を実際に部屋に配置したらどうなるかをシミュレーションし、そのまま購入できるアプリを作りたい。また、GPSと連動したマップ機能を使って、店舗に近付いたユーザーにはクーポン配信、店内にいるユーザーに対してはタイムセール情報などの配信を考えている。

目的によって、機能やデザインが大きく変わってきます。
「何がしたいのか」をきちんと精査して計画を立てていくことが重要です。

よくあるお悩みCONTENTS 02

スマホアプリ開発については、下記のような問題で悩んでいるお客さまが多くいらっしゃいます。
  • アプリ公開後の流通チャネル確保

    開発しただけではアプリを利用者に届けることはできません。ただ待っているだけではその効果はあまり期待できません。まずは、アプリを知ってもらうためのチャネル確保が欠かせません。

  • アプリ公開後の保守・維持コスト

    アプリは作ってアプリストアに登録したら終わりではありません。アプリを動かすサーバの維持はもちろん、OSのアップデート時のメンテナンスやアプリストアへの再申請費用など、保守・維持コストが必要になります。

スマホアプリ開発のメリットCONTENTS 03

問題点を見直すことで次のようなメリットが得られます。
  • 01MERIT

    インターネットに接続しなくてもサービスが利用できる

    アプリの機能の中には、インターネットの接続なしで使えるものがあります。インターネットを通してデータを表示する必要がないので、アプリの立ち上げはもちろん、画面の移動やメニューの操作などもストレスなく利用できます。

  • 02MERIT

    プッシュ通知を使った顧客へのアピールができる

    リアルタイムで表示されるプッシュ通知は、メルマガやDMに比べても内容を読んでもらえる確率が高くなります。タイムリーかつ適切なキャンペーン情報やお知らせなどを配信することで、来訪率や売上の向上につなげることが可能です。

  • 03MERIT

    顧客情報の活用が可能になる

    アプリを使えば顧客情報を取得しやすくなりますので、購買履歴などの利用が容易になります。これまでわかりにくかったお客さまのニーズや生活のリズムなどを分析することで、新しいサービスや商材の開発につなげることができます。

スマホアプリ開発の秘訣

RECIPE FOR SUCCESS
  • 目的に合った開発アプローチ

    アプリを作る際にはいくつかのアプローチがありますが、アプリストアからダウンロードして利用するというタイプのアプリは「ネイティブアプリ」「ハイブリッドアプリ」のどちらかになります。そのどちらにもメリット・デメリットがあり、コスト感も大きく違ってきます。

  • デザイナーとエンジニアの連携

    アプリで重要なのは操作性。スムーズに動き、直感的に使えなければ利用してもらえません。「使われる」アプリにするためには、UIを設計するデザイナーと開発を担当するエンジニアが共通の認識を持ち、連携できているかどうかが重要となります。

スマホアプリ開発のステップCONTENTS 04

当社にご依頼いただいた場合を例に、制作の基本的な流れをご紹介します。
STEP 01お問い合せ
STEP 02ヒアリング 無料
お問い合わせをいただきましたら、まず当社スタッフがZoomでヒアリングを行います。
STEP 03ご提案・お見積もりのご提示 無料
ヒアリングの内容を基に、予算にあった撮影のご提案・お見積りを行います。
STEP 04ご発注・NDAの取り交わし
ご発注をいただきましたら、NDAを取り交わし、本格的な調査・分析に進みます。
STEP 05現状調査・分析・提案
最初のご提案に沿って、さらに現状の調査を加味して、各画面の要素・コンテンツ・機能を具体的にご提案します。
STEP 06デザイン・プロトタイプ
トップ画面のデザインをご確認いただき、各ページについてはプロトタイプ仕様で動きをつけて、ご確認いただきます。
※アプリ開発にはいくつかのアプローチがあります。アプローチによっては仕様変更が難しいものもありますので、ご満足いくまで意見交換させていただきます。
STEP 07プログラミング
デザインと全体の動きの確認ができたら、実際のアプリ開発に移ります。
STEP 08テスト・確認
仕様通りのアプリになっているか、お客さまと一緒に動作を確認していきます。
STEP 09ストアへの登録
アプリをダウンロードできるようにするには、App StoreやGoogle Playへの登録が必要です。お客さまに代わって当社が登録代行を行います。
登録ができたら、ランディングページやプレスリリースでアプリの公開を訴求します。

※iOSはAppleの審査が必要となり、承認を受けなくてはいけません。また、Androidアプリの場合は、Googleディベロッパーアカウントを作成し、Google Playに登録します。

ぜひお気軽に
お問い合わせください。

MORE