VIDEO PRODUCTIONE
INTRODUCTION

YouTube動画の作成を行います。

1分間の動画は一般的なWebページの3600ページ分の情報量と言われています。そうした特性を生かし、無料動画配信のトップランナーであるYouTubeは、娯楽だけでなく、ビジネス情報や採用活動の分野でも活用が進んでいます。

YouTube動画の目的CONTENTS 01

YouTube動画について、
お客さまからよくお伺いする目的は次の3つです。
  • コストをかけずに動画配信がしたい

    視聴者限定の動画配信環境を用意する必要があってさまざまな動画配信サービスを調べてみたが、どれも高額で予算内で対応できない。特定の視聴者だけが閲覧可能な環境をコストをかけずに構築できないか。

  • 新しい製品の使い方をわかりやすく伝えたい

    製品購入後のカスタマーサポートへの問い合わせを減らすために、新製品の初期設定から使い方までを伝える動画を作成したい。企画、機材調達、撮影、映像編素、YouTubeへのアップロードまでを一括して依頼したい。

  • 新卒採用のために働く現場を伝えたい

    就職活動の際に動画をチェックする機会が増えているため、テキストだけでは伝わりにくい会社のリアルな空気感をYouTube動画で伝えたい。また、動画と採用サイトを上手く連動させることで、会社の現状をわかりやすく伝えたい。

動画は今、Web戦略に欠かせないツールの一つとなっています。
目的に合わせて、わかりやすい・楽しい・再生したくなる動画を作りましょう。

よくあるお悩みCONTENTS 02

YouTube動画については、下記のような問題で悩んでいるお客さまが多くいらっしゃいます。
  • 社内で撮影した動画が"ホームビデオ"になってしまう

    社内で撮影したために、表現したいことが伝わって来ない単調な"ホームビデオ"状態になっている動画が少なくありません。YouTubeでの視聴に耐えられる動画にするためには、テンポ良く、わかりやすい構成にする「映像編集」が必要になります。

  • 社内スタッフが自分の好みに寄りすぎる

    動画好きなスタッフが制作してくれたのは良いが、YouTubeのおもしろ動画風の構成になってしまうことがあります。社内制作は主観的になり、目的にマッチした雰囲気に仕上がりにくくなります。

  • 動画制作発注の仕方がわからない

    映像プロダクションにやりたい演出や内容を伝えて見積もり依頼をしたものの、想定予算よりも1桁も多い、まるでテレビCMでも作るかのような凄い見積もりになることがあります。

YouTube動画のメリットCONTENTS 03

問題点を見直すことで次のようなメリットが得られます。
  • 01MERIT

    今まで伝えられなかったことが伝えられる

    動画は、テキストと写真の5000倍、動画情報を文字情報に換算すると約180万単語の情報量を伝えることができると言われています。これまで伝えきれなかった複雑で膨大な情報でも、映像を組み合わせることで、よりわかりやすく伝えられます。

  • 02MERIT

    文章にしたら長いのに動画なら一目瞭然

    文書で伝える場合、具体的なイメージは読み手の想像力や理解力によってさまざまな形で伝わります。それに対し、動画であれば、視聴者に対して具体的に文書では伝えにくい情報などを、誤解なくストレートに伝えられます。

  • 03MERIT

    採用時のミスマッチを防げる

    せっかく採用できたものの、仕事の内容や雰囲気が「想像と違った」ということで、入社後すぐに辞めてしまうというケースが増えているようです。ミスマッチ採用を減らすため、仕事の内容やスタッフの働く姿をありのままに伝える事ができる採用動画を活用する企業が増えています。

Youtube動画の秘訣

RECIPE FOR SUCCESS
  • 仲間受けで終わらないようにする

    社内メンバーで動画を作ったところ、つい仲間内でしか伝わらないような内容になってしまった。これは一番よくある失敗例です。エンタメでも学び系の動画でも、視聴者がどんな人で、何を目的として動画を見ているのか。見る側の気持ちになって作ることが重要です。

  • 定期的に新しいものを作る

    YouTubeのチャンネル登録者数を増やしたいのであれば、定期的な動画アップがとても重要になります。不定期に月1回凝った編集の動画がアップされるよりも、週に1回決まった日にアップされる方が視聴者にとって身近に感じてもらえます。

  • 音楽や映像の著作権にご注意

    他人の音楽や映像を利用する際には、著作権があるため注意が必要です。特に、動画にBGMを入れる場合にはきちんと版権利用が問題ないものかどうか、確認します。著作権侵害は、社会的な信用を失うだけではなく、膨大な損害賠償を請求される場合もあります。

  • 1つの動画に1テーマ、1ターゲット

    Youtubeはテーマ毎に動画を分けて作る事をおすすめします。You Tubeは1つ1つの動画のテーマを判断して、関連動画として別の動画を結びつけます。人気の動画と同じテーマの場合、関連動画として自分の動画も表示される機会が増える場合もあります。具体的にターゲットとなる視聴者をイメージして、1つのテーマで作るようにしましょう。

Youtube動画制作のステップCONTENTS 04

当社にご依頼いただいた場合を例に、制作の基本的な流れをご紹介します。
STEP 01お問い合せ
STEP 02ヒアリング 無料
お問い合わせをいただきましたら、まず当社スタッフがZoomでヒアリングを行います。
STEP 03ご提案・お見積もりのご提示 無料
ヒアリングの内容を基に、予算にあったYoutube動画のご提案・お見積りを行います。
STEP 04ご発注・NDAの取り交わし
ご発注をいただきましたら、NDAを取り交わし、本格的なヒアリングにすすみます。
STEP 05現状調査・分析・課題整理・ゴール設定
現在のWEBサイト等の調査や分析、課題の整理を行います。さらに、同業他社や、同じような仕組みについての調査も行い、ご報告します。
調査・分析・課題整理の内容を踏まえて、プロジェクトの最終目標を決定します。
サーバーやシステムなどの専門的な調査も、この段階で行います。
STEP 06シナリオ作成
ヒアリングに沿って、シナリオを作成します
STEP 07動画撮影
シナリオに沿って動画を作成します。
STEP 08編集
動画を編集し、タイトルや、テロップ、音楽をつけます。
STEP 09エンコードとYoutubeにアップ
動画を書き出し、Youtubeにアップします。

ぜひお気軽に
お問い合わせください。

MORE