株式会社ムーンファクトリー株式会社ムーンファクトリー
facebook
お知らせ & ブログ
2019.11.29 コンテンツ

巷でウワサのダークモードについてWeb制作のプロが語ってみた

最近、様々なところで耳にする「ダークモード」。みなさんはダークモードについてどのくらい知っていますか?
私たちムーンファクトリーでは、Webサイトでも必須になるかもしれないダークモードについて、このモードができた理由、そしてメリットを考えてみました。

今回は特別編としてUI/UX研究機関「MONQS(モンクス)」とコラボした記事です!こちらのブログと併せて、ぜひ動画もご覧ください!

事の始まりは2019年秋、まだ残暑の残る東京八丁堀のオフィスでの雑談から始まった......

コグチNBAマニア(フロントエンドエンジニア見習い)「ナガタさん、最近ダークモードって流行っているじゃないですか。アレ、どう思います?」

ナガタ愛犬に人生を捧げた男(フロントエンドエンジニア)「まぁ......、流行ってるっていうか......、MacOSやiOSが取り入れてアプリがドンドン対応していってって感じだよね」

コグチ:「僕たちは背景が暗い色のソフトとかも使ってるので見慣れいてあまり違和感が無いけど、一般的にも受け入れられてるみたいですね」

ナガタ:「インターネットでも『ダークモードのメリット&デメリット』みたいな記事チョクチョク見かけるしね。ムーンのブログにも『ダークモードスイッチ』付けてみる?(笑)」

2人がそんな会話をしていたころ、社内のカフェスペースでは......


タピオカの写真を撮りまくるイマドキ女子2人①

ASKディズニーオタク(Webディレクター)「タピオカって半分くらいで飽きるのに買っちゃうんだよね~!高カロリーな上に消化も悪いし、何がそんなにいいんだろう?」


タピオカの写真を撮りまくるイマドキ女子2人②

momoシュールな新卒女子(インフラエンジニア見習い)「あら~!このグラデーション!映えざるを得ないね~」

ASK:「どうしたの??」


momo:「白枠台無しじゃん!!!?」
※白枠=おしゃれなインスタグラマーが投稿に統一感を出すためにこぞって取り入れてる投稿する写真に白い縁取りを入れること

ASK:「本当だ......!Twitterは見やすくてよかったけどな~。それにしても、ダークモードってなんで最近増えてきてるんだろう? ねえねえ!コグチコグチ~」

コグチ:「呼びました?」

ASK:「最近、ダークモードが流行っているみたいだけど何かメリットとかあるの??」

momo:「私の努力が......」

コグチ:「いくつかのメリットと人によってはデメリットとなっている場合もあるみたいなんですけど、1つずつ説明していきますね」

メリット1:ダークモードはバッテリーの消費を抑えられる説

インターネットでちょっと検索するとたくさん出てくる説ですが、実はすべての端末で言えることではありません。
お二人のiPhoneを比べても、momoさんのiPhioneXRはダークモードの恩恵でバッテリー消費を抑えられる可能性がありますが、ASKさんのiPhoneSEはダークモードにしても理論上はライトモード(通常モード)と変わらなことになります。

理由は、画面の違いです。

iPhoneSEは液晶で、iPhoneXRは有機ELでできています。有機ELはピクセルが光ることで発色しているので、黒が無発光となり、暗ければそれだけ発光レベルを下げられます。
そうすることで電気の消費量を抑えられるので、バッテリー消費も抑えられると考えられます。

それに対して液晶は、バックライトが光ることで発色します。画面が明るくても暗くてもバックライトは光りっぱなしなので、消費する電気量もバッテリーの消費も変わりません。


ASK:「ねえ、コグチ......私のiPhone、ディスってる?(※ASKのスマホはiPhoneSE)」



momo:「私の努力が......」

コグチ:「ASKさん、落ち着いてください。他にもメリットありますから! momoさんも元気出して!」

メリット2:ダークモードは目に優しい説

科学的には「背景と文字のコントラストが高い方が字は読みやすい」と言われているので、背景が暗いか明るいことが直接的な読みやすさにはつながらない気もします。
ただ、就寝前に薄暗い寝室でスマホをいじる時などは、ダークモードは眩しくなくてコンテンツが見やすいと感じました。
僕のように就寝前に使っているユーザーも多いと思うので、この辺りがこの「目に優しい説」の出どころなんじゃないかと考えています。

逆に明るい場所では、ライトモードの方が見やすいかもしれません。
「ダークモードはコンテンツが見にくい」という人は、明るいところでスマホを使う機会が多い人かもしれませんね。

ちなみに、ずっとダークモードでスマホを見た後でライトモードにすると、非常に眩しいのでご注意を。(アレはヤバかったです)


momo:「こればっかりは好みもあるよね」

メリット3:ダークモードはコンテンツがカッコ良く見える説

暗い背景に、グラフィカルな画像やカラフルな色彩のイラストなどのコンテンツが置かれていると、コントラストがハッキリすることが多いので、コンテンツが映えてカッコ良いですよね?

これは僕たちのようなコンテンツを作る側にとっても、そのコンテンツを見たり利用したりする側にとっても、メリットとなることが多いと思います。

いろいろな説がありますが、実際のところ、こういった大きなメリットがダークモードを一気に一般化させたのではないかと考えています。



ナガタ:「ということで、コグチさんが説明してる間に、二人の撮ったタピオカの写真がより映えるように、このページにダークモードスイッチを作ってみたよ~」

ASK & momo:「えーーー!そんなことできるの!!?!」

ウソっぽいけど本当に動作する「ダークモードスイッチ」

Dark Mode : OFF




そのころ......


MONQSが体を張ってダークモードを検証してくれていました。



【徹底検証】あの話題のダークモードでとんでもないことに!? Presented by MONQS TV

↓「『MONQS』って何者だ?」と思った方はこちらをどうぞ↓

UI/UX研究機関「MONQS」

※タピオカは二人が美味しく飲み切りました

弊社では2011年6月にJIPDECのプライバシーマーク認証を取得、
個人情報保護に取り組んでいます。

〒104-0033 東京都中央区新川2-9-2 マルキョウ新川ビル2F
TEL. 03-3523-1700 FAX. 03-3523-1701

Copyright moonfactory,Inc. All Rights Reserved.