株式会社ムーンファクトリー株式会社ムーンファクトリー
facebook
お知らせ & ブログ
2015.07.28 デザイン

Webサイトデータと印刷データについて

Web vs DTP

Webサイトを制作していますと、このデザインを印刷用にできませんか?と聞かれることが多いのです。特にムーンファクトリーでは、印刷物のデザインもやっておりますので、「Webから使ってください!」というご要望もいただきます。 しかし、Webデータを印刷物にするには、作り直しになってしまうことがほとんどなのです。

Webデータの画像
RGBで作成します。解像度は72dpiです。
解像度が低いので、Photoshopという画像加工ソフトで作成することが多いです。
画像形式では、拡大すると文字や線のまわりにジャギーというギザギザが現れます。
※RGB(レッド、グリーン、ブルーという光の3原色、Webはモニター表示)

印刷データの画像
CMYKで作成します。解像度は350dpiです。
解像度が高いので、Illustratorというベクター形式のソフトで作成することが多いです。
ベクター形式では、どんなに拡大しても文字や線がスムーズできれいです。
※CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックという色の4原色、印刷はこの4色)
この2つの特性から、高解像度の印刷データを低解像度のWebデータにすることは簡単なのですが、逆は出来ないのです。

ただ「低解像度では、印刷出来ないの?」と聞かれると、そうではありません。最近はオンデマンドなど、コピー仕様の印刷機も出ていますので、解像度が低くても印刷方法によっては、意外にキレイに仕上がることもあります。また、写真は多少ぼやけていても、文字さえクッキリ見えれば問題ない場合もあります。

Webと印刷のそれぞれの特性を見極めて、加工することが重要です。

弊社では2011年6月にJIPDECのプライバシーマーク認証を取得、
個人情報保護に取り組んでいます。

〒104-0033 東京都中央区新川2-9-2 マルキョー新川ビル2F
TEL. 03-3523-1700 FAX. 03-3523-1701

Copyright moonfactory,Inc. All Rights Reserved.