【ムーン流SDGs】スタッフが考えた、サスティナブルなムーブメント

アロハ~、青柳です!

この度、ブログのカテゴリとして「ムーンnote」を新設しました。
ここでは、ムーンファクトリーの取り組みや理念に基づく活動などの情報を発信していきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

今回は、社内のサスティナブルなアイディアや取り組みを皆さんにご紹介したいと思います。

缶バッジで、ウクライナの子どもたちを笑顔に

ロシアによるウクライナ侵攻のニュースは、とても驚愕したニュースでした。

「私たちにできることはないだろうか?」と考えて、取締役・渡部の発案で缶バッジを制作して募金を募ることにしました。ムーンファクトリーのエントランスには、「STOP WAR」「PEACE UKURAINE」「FOR CHILDREN SMILES」の3種類のバッジが置かれています。
集まったお金は、ウクライナ大使館へ寄付する予定です。

sdgs_01.jpg

このバッジは、ムーンファクトリーだけでなく、賛同いただいたご近所のショップやカフェにも置いていただいています。

月島のセレクトショップ
DUE deux
https://duedeux.com/

八丁堀のお洒落なカフェ
River&Green Cafe
https://www.riverandgreencafe.com/

もし、この活動に賛同いただける方がいましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

スタッフの発案から始まった、ペットボトルキャップ回収

「ただペットボトルを捨ててしまうのではなく、何か貢献できることはないか?」

そんなスタッフの発案で、ペットボトルキャップ回収BOXを設置しました。
集めたペットボトルキャップは、回収業者に送ることで、世界の子どもたちのワクチン接種支援活動に資金の一部が寄付されるとのことです。

とある一人のスタッフの声から始まったこの活動も、今年で10年。
今後は、マイボトルの利用を促進したペットボトルの消費削減なども進めていきたいと考えています。

sdgs_02.jpg

男女問わず、育児世代が働きやすい環境づくり

ムーンファクトリーでは、育児と仕事を両立するスタッフを男女問わずサポートする環境を整えています。

子どもと一緒に働ける、キッズスペース
保育園に子どもを預けられない時に便利な、キッズスペース。
子どもを見ながら仕事ができるよう、テレビやおもちゃ、デスクなどが完備されています。

どうしても外せないミーティングがある場合は、他のスタッフに一時的に子どもを預けることも......。
男女問わず、スタッフ全員が自由に使えるスペースです。

sdgs_03.jpg
状況に合わせた在宅ワーク
出社が難しい場合に備えて、在宅ワークを行える環境を整えています。
バーチャルオフィスシステムなどで常に社内と繋がることができるため、作業ロスもなく、効率的に仕事を進めることが可能です。

これらの仕組みの導入によって、自分の立場に関係なく、子育ての大変さや楽しさをスタッフみんなで共有できるようになりました。

社内の照明をすべてLEDにして、省エネへ

こちらは総務部の発案です。昨年からオフィス内のすべての証明をLEDに変更しました。
電灯交換の回数やCO2の排出量を減らし、「環境にやさしいオフィスを目指そう」と考えたことがきっかけです。

さらに、LED化を通して、スタッフ一人ひとりが節電を意識するようになりました。
近頃の電力不足の問題にも配慮し、使用していない部屋の電気をこまめに消す等の取り組みを行っています。

sdgs_04.jpg

社内イベントでも、サスティナブルを意識した取り組みを

朝の社内ミーティングで、社長からエシカル消費についてのお話がありました。

「エシカル消費」とは、人や社会、環境、地域など周囲に配慮し、社会的課題の解決やそうした課題に取り組む事業者をサポートしながら行う消費活動のこと。
その話を聞いた直後のホワイトデーイベントは、まさにエシカル消費を意識したものでした。

男性スタッフが考えたイベント内容は、「フェアトレードチョコ」のお返しです。
「フェアトレード」とは、先進国の人が途上国の人たちが作ったものを適正な価格で購入し貧国脱却を目指す持続可能な取り組みのこと。
チョコレートを探しに行った際の動画などやフェアトレードに対する思いなども聞くことができた企画でした。

sdgs_05.jpg
「ただイベントを行うだけではなく、サスティナブルな活動をしたい」という思いが強く伝わってきて、日々の感謝の気持ちと合わせて心が温かくなりました。

ムーンファクトリーでは、SDGs・サスティナブルといっても、大企業のように大きなことはできないかもしれません。 でも、スタッフ一人ひとりが環境問題や貧困、飢餓や世界の問題に対して、「自分がどう関われるか?」を考えて行動できていることがわかり、個人的に嬉しくなりました。

私自身も、レジ袋やペットボトルの削減など、小さいことからしていこうと思います。

次回もまた、ムーンファクトリーのHOTな情報をお届けします。
お楽しみに~。