blog

情報発信・ブログ

2023年7月までに急げ!GA4への移行、基本のキ!

新しいGoogleアナリティクス「GA4」への移行対応はお済みですか?
Googleアナリティクスを利用している場合は、2023年7月1日までにGA4の導入が必須となっています。

「まだ対応していない」「表示が出ているのは知っていたけど、よくわからない......」という方のために、概要を簡単にまとめました。

従来のGoogleアナリティクス(UA)は2023年7月に終了

無料で使用できるアクセス解析ツールとして広く知られている「Googleアナリティクス」
これまではユニバーサルアナリティクス(UA)という形式でデータ処理を行っていましたが、この形式が2023年7月1日に停止することになりました。

UAでの数値確認は少なくとも 6ヶ月間は可能とのことですが、詳細な日程までは、まだ明示されていません。そのため停止以降は、Googleアナリティクス4(GA4)でアクセス数を取得する必要があります。

GA4移行スケジュール

データがとれなくなる以外にも、GA4への移行における問題点があります。
それは、UAとGA4では数値の取得方法が異なる点です。

UAは「ページ主体」で数値を取得して計測していましたが、GA4では「ユーザー主体」の計測となります。例えば、UAで重要な指標のひとつとされていたページの直帰率や離脱率が、GA4では計測できなくなっています。その代わりにGA4では、ユーザーに紐づく情報が集計できるため、設定をすれば、どこまでスクロールしたのかなどもわかるようになります。

そのため、グラフの形や使われている用語が似ていて「これは今までと同じデータかな?」と思って見ていても、UAの時のデータとは意味が違う......というケースが出てくる可能性があります。

GA4とUAの計測方法の違い

「UAでデータを取得してるから、ギリギリまでUAのままでも問題ない」と思っている方は、注意が必要です。
データをそのままにしていた場合は、既存のサイトタグを再利用してGA4プロパティが作成されると案内は出ていますが、可能な場合は7月よりも早めにGA4を導入することで、GA4での計測データをより多く貯めていくことをおすすめします。

導入にはGoogleタグマネージャーがおすすめ

GA4への移行と合わせておすすめしているのが、Googleタグマネージャー(GTM)の導入です。

GTMは、Googleアナリティクスタグや広告タグなどを一括で管理することができるシステムです。Webサイトに、GTMで発行された計測タグを設定しておけば、新しいタグを挿入する際にhtmlを都度修正する必要がなくなり、管理の手間を省くことができます。
htmlの知識がなくてもタグの追加や削除が比較的簡単にできるので、長期的に見るとコストの削減にもつながると言えるでしょう。
GA4への移行を考えている方は、是非GTMの導入も検討してみてください。

GA4への移行は、余裕を持って行いましょう

GA4の移行について簡単にご説明しましたが、いかがでしたか?

ユーザーのアクセス動向データは、とても貴重なもの。
7月以降に「アナリティクスのデータが上手くとれていなかった!」なんてことがあったら大変です。

ムーンファクトリーでは、GA4の導入サポートも行っています。まだ導入していなくて、この機会に導入を検討されている方、設定方法や対応方法に不安がある方は、いつでもご相談ください。

お問い合わせ

CONTACT

Web制作についてのお問い合わせや
会社案内はこちらから
見積依頼などもお気軽にお問い合わせください

このWebサイトでは、お客さまへのより良いサービスの提供を目的としてCookieを使用しています。Cookieの詳細についてはこちらをご覧ください。

Cookieを受け入れる